ルウコラーゲンと高圧水熱分解製法

ルウコラーゲンの製造には、スカールコラーゲン抽出の最新技術、高圧水熱分解製法が使われています。

魚を原料とする吸収性の高いコラーゲンをフィッシュコラーゲンと呼び、中でもウロコを原料とする脂質の少ないコラーゲンをスカールコラーゲンと呼びますが、高圧水熱分解製法はフィッシュコラーゲンとスカールコラーゲンの良い点はそのままに、1.ウロコから非化学処理で純度の高いコラーゲンを抽出する、2.抽出したコラーゲンを低分子化する、3.ウロコに含まれる微量のキチン質からグルコサミンを生成する、という優れた特性のある製法です。

ルウコラーゲンは、この高圧水熱分解製法の特性を活かして商品化されました。

どのように活かされているか興味のある方はこちらへ

イメージ画像